薄毛の原因であるagaについて

agaとは、男性型脱毛症を意味する略語で、男性特有の脱毛症のことを指します。
思春期以降の比較的若い年齢からでも薄毛症状が発生し、額部分か頭頂部のどちらか一方、またはその両方から脱毛が始まるという特徴があります。
30代~50代に多く、薄毛に悩む男性のほとんどはagaだと言われています。
agaによる薄毛症状が起こる原因は、ジヒドロテストステロン(DHT)と呼ばれる悪玉男性ホルモンにあるとされ、血中のジヒドロテストステロンの濃度が高いほど薄毛が進行しやすくなることが知られています。
このジヒドロテストステロンによって、髪の毛の成長が阻害されてヘアサイクルが乱れ、髪の毛の成長期間が短くなってしまうことで、結果的に薄毛の状態になってしまうというわけです。
agaの治療法としては、フィナステリドやミノキシジルといった薬による治療が効果的だと言われています。
フィナステリドは、悪玉男性ホルモンであるジヒドロテストステロンが、テストステロンから変換される原因になっている、5aリアクターゼと呼ばれる酵素を抑制する効果が知られています。
そしてミノキシジルは、血管を拡張させ、頭皮への血流を高めることで髪の毛に栄養を行き渡らせることができるという効果が期待できます。